読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年後に受験生を持つお父さんの受験傍観ブログ 続き

1人は手離れしたので後は下の子の3年後の大学受験を見守るお父さんの受験傍観ブログ。傍観しかしないので。

テストの結果は

上の子もテストの結果が返ってきはじめた。

テストの前までは部活が楽しくて楽しくて仕方がなくて、楽しいスポーツに出会えて「うれしい!」と歓喜していて「(おいおいいったいいつ勉強するんだい。君の学校難しんじゃないの。)」って思っていたら「部活やりたいー!」って言いながらも直前に勉強してた。

お蔭でその間はアニメはサッパリみれない。だってリビングダイニングで勉強するんだもん。

テストの結果は半分くらい返ってきたらしくて「見る?」なんていうからちょっとだけ期待してみたら、標準値より少し上くらい。本人は頑張ったと言いたいようだ。パパとしては怒りもしなかったし褒めもしなかったけれど、「(自分で努力した分だけの点数だね。満足なの。)やばいんじゃないの。」って。あともう一つ言った。「点数と平均点を記録しておいたら。」と。「他人と点数を比較するのじゃなくて、自分と比較するために。」って。