読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年後に受験生を持つお父さんの受験傍観ブログ 続き

1人は手離れしたので後は下の子の3年後の大学受験を見守るお父さんの受験傍観ブログ。傍観しかしないので。

冬期講習と本

下の子は年末年始(と言っても昨日までだったかな)冬期講習で。とは言え、歳末にはターミナル駅まででて、お正月のお買い物のの隙をついて部活で使うウェアやウィンドブレーカー?(シャカシャカする感じの)が欲しくてワイフと先に行って選んでいたり。

その日はウェアのみ買い求めてシューズは年明けに。お年玉はあげていないのでそれがお年玉と言えばお年玉。

そう言えば、いつからお年玉をあげなくなってしまったんだろう。まあ、必要ならお小遣いは必要なだけ、例えば部活で遠征するからSuicaにチャージするとか買い食いするとかだろうけど渡しているので、ワタシの高校生時代と比較したら幸せだと思うけど。

上の子が「お願いがある」と言ってきたのは本が欲しいのだと。確かに近所の大型書店でもないかもね、これだと。

やさしく学べる離散数学

やさしく学べる離散数学

 

 

クリスマスプレゼント

クリスマスに何かプレゼントをあげようかと思ったけれど、下の子は部活のウェアとかなので特段クリスマスだからというわけでもないし、上の子も普段必要なものは買っているようなので。

まあ、おもちゃっていう年齢じゃないですからね。そのジャンルはどちらかというとパパが受け持つかもしれません。
#ちなみに、ブルーレイボックスはじめてかってみた。

クリスマスの買い出しに上の子を連れて行って、荷物を抱える前に本でもみようと誘ってみたら、ついてきたので興味のある本があるのかも。

小説のコーナーを見回してみたら、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の話になって、その作者の別の作品が読んでみたいと。で、それを。 

そのまま技術書はと誘っていくつか「これどう?」と振ってみたら興味を示したのでいくつかお買い上げ。みっちりと読み込まなくていいから、とにかくページをめくるだけでも今は財産になるかと。どこに何が書いていあるくらいでも記憶に残れば十分なので。

 

スマホでやることが変わってきた

下の子はスマホ常習者なんですね。人のことは言えず、わたしも同じなんですが。いや、わたしの場合はPCもあるのでネット常習者なのでもっとひどいかも。

ここ最近、スマホ弄りながらも話すことが変わってきました。英単語の意味を知っているかを上の子やワイフに問題を出してる。どうやら、英単語のアプリを入れて、英語の勉強をしているみたいです。

そのスマホアプリは進度が進むとランキングが上がるようです。また、友達を仲間にして共有できるみたいです。勉強することでランキングが上がるのが楽しいみたいです。こういったモチベーションづくりはいいですね。

イマドキ風の単語の覚え方なのかもしれません。

 

県大会とターゲット

 下の子はこの3日間県大会なのだけれど、とにかく対戦相手が強いらしい。いわゆる、地域の一番強い学校の1番目に強いペアが一回戦らしく「歯が立たない」感じで帰ってきた。
でも、強い相手とできるのは、そのクラスの中に入っているからだよね、なんて言ったら「そうだね」と。弱い相手に勝つのもいいかもしれないけれど、強い相手と戦う方が学びは多いと思うので。
会場は距離があるようで、お供はスマホだけれどちゃんとターゲットも持っていくところがえらいなぁ、と思う。まだ1年生だけれど、2年もしたらお受験だしねぇ。

上の子は後期が始まって前期のように毎週末のレポートをやっている。理系だとこんな感じなんだね。ほんと、家でレポートを書いているのを見ると激務な会社員みたいだ。というか、何年か前の自分みたい。

なんて久しぶりに子どものことを書いていたら、下の子は畳の上で寝てしまった。お風呂の順番まで寝かせてあげよう。

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

  • 作者: 宮川幸久,ターゲット編集部
  • 出版社/メーカー: 旺文社
  • 発売日: 2011/11/23
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 19回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

背が伸びた

ずいぶん久しぶりの更新です。
その間に下の子の背が伸びた。この前の週末に気になったから背を比べてみたらワタシのおでこくらいまであった。ゴロゴロしている姿を見て大きくなったな、と思っていたけどこれは抜かれるかな。それはそれで楽しみ。背も体も大きい方がいい。ハッタリが効くからね。でも、スリムなんだよねぇ。これ、ワイフの遺伝なんだろうなぁ。

下の子は春から予備校に行っています。上の子のアドバイスがあったから。上の子の言うことは信頼しているみたいだし、自分でいきたいと言っていたし。楽しそうに学校に行って、部活やって、塾に行っているのでいいのだろう。

予備校と部活

上の子が自分の経験から下の子に1年生から塾に行くように、と。もともと行くつもりあったようで、どこの塾に行くかというところで思案していたみたい。
下の子はなんとなく上の子が行った塾に行くつもりがあったのではないかと外から見ていて感じたのですが、結局は、別のところに。
今時の?塾は塾に入るためのテストがあって、そのテストの得点でコースが振り分けられるんですね。
#おっと、書きかけで公開しちゃった…
で、部活をしたいので塾に通う日数を多くしたくないという希望があったようですが結果が良かったみたいで。
高校受験での勉強の習慣を続けてやってくれるのはいいことだなと思うんですね。だって、大人になっても勉強を続けないといけないですからねー。
そうそう、部活もどれにしようかと二択ぽいことを言っていたみたいですが、結局中学自体と同じスポーツにしたようです。

お買いもの

Macのバッグと関数電卓が欲しいんだって。というか関数電卓は持ってくるように教授に言われたんだって。